オタク、退職する。

突然ですが、

新卒で入社した会社を、退職しました。

 

この春から6年目。

学生時代に就活がうまくいかず、4回生の秋になっても内定をいただけず、もうフリーターでいいかなって思いながら、

「でも同じように働くなら正社員で賞与が欲しい」

と就活を続けた結果、いい縁があり内定をいただいた。ぶっちゃけ何でもよかった。どこでもよかった。

当時は給与とか休みとか昇格制度とかそれほど気にしてなかったし、とりあえず働いてお給料貰えたらオッケー!と思ってた。

店舗運営のお仕事で、上司にも主婦パートや学生アルバイトにも恵まれていた。

居心地はよかった。でも最初から「ここでずっと頑張る!」とは思ってなかったし、会社に思い入れもなかったので仲のいい先輩には「辞めたいです〜(笑)」とか言ってた。

今思うと本当に馬鹿な後輩だった。

やれることはちゃんとやろうと思ったし、入社した頃に決めた目標は「この店でなくてはならない存在になる」でした。辞める気満々。

いざある程度の仕事ができるようになったら次は後輩が入ってきて、「あれ?もしかしてこれ辞めにくいやつ??」と思えてきて、そろそろやめるって言おうかな、どうしようかな、とうじうじしてたら

後 輩 、 先 に 退 職 !!

やられた。さらに退職しにくい雰囲気の店。

やられたし、と思いながらでもこれまで何回辞めたいと思った?このままやとお前はずっとここにいるんやぞ!と思い覚悟を決めました。

 

何故退職を決意できたか、というと

国民の休日に休めない

②自分が休みの日も店舗は動いている

③休みの日も連絡が来る

④スキルが全然ないことへの危機感

⑤このままでいいのか??という謎の不安

が主な理由。

 

国民の休日に休めない

社会人3年目にジャニヲタに出戻ったので、入社当初は土日祝休みにこだわりはなかった。Jr.担だったので基本的に夏休み冬休みの長期現場で平日公演も多かった。今後もしデビューでもしたら土日の現場増えるだろうし、土日祝も休めなくはないが休み希望を出さないといけないので「休めるかな、バイトの中間テスト前なんだよな」とかチケットが取れてもないのに心配しないといけないのが面倒だった。

 

②自分が休みの日も店舗は動いている

いざ休み!と思ってもお店は普通に営業してるので、休みの翌日に出勤して朝からパートたちに「〇〇はどうしたらいいの??」と質問攻めにあっても「知らんがな」という気持ちだった。社員としてそれは駄目なんだと思いながら。

わたしが休みの日に出勤していたパートの方が店事情に詳しい。いくら休みの前の日に休み明けのことを確認しておいても、わたしが休んでいるうちにどんどん変更点が出てくる。2連休しただけで浦島太郎状態だった。しんどかった。

 

③休みの日も連絡が来る

これは②の続きみたいなものだが、変更点があるとLINEが来るし、「〇〇の書類は何処?」とかもLINEが来た。自分で探してくださいという気持ちだった。売上報告とかもグループラインでしてたので休みの日にもLINEの通知が来る。鬱陶しいので通知は切った。実際、出勤して朝から変更点を確認するより、休みの日に確認できた方がスムーズに仕事が出来たしその点は理解できたが、とにかく自分の休みの日に店が動いていてLINEが来るということがしんどかった。

帝劇で観劇前に電話がかかってきて怒られたのも懐かしい。そのときは自分が悪かったので何とも言えないが、悔しくて舞台始まった瞬間泣いた(情緒不安定)

観劇後に電話で怒られたこともあった(怒られすぎ。わたしも悪いけど幸せな気持ちを返してほしい)

 

④スキルが全然ないことへの危機感

まわりの同世代で営業とか事務とかしてる子たちを見てると「バリバリ仕事してるなあ」と思った。いざ自分は何をしてるのかと振り返るとパートたちとわいわい話しながら仕事してるだけ。

バリバリ働く社会人、とかけ離れすぎてない?

時にはお客様対応をしたり、パートの愚痴を聞いたり、コミュ力だけは身についた。仕事に活かせる程のものではないけど。

スキルが全然ないわけでない(と思いたい)

でも自分が描いてたアラサーのスキルとは程遠くて、わたしの人生これでいいのか?と危機感を持ち始めた。それが入社4年目くらい。その後転職活動をして自己PRを書く時もめちゃくちゃ困った。

きっと同じ会社の同世代でもっと素晴らしいスキルを身につけてる人は沢山いると思う。わたしがオタクしながら呑気に働いてたのが悪いから全て自分のせいってことは分かってます。

 

⑤このままでいいのか??という謎の不安

アラサー、入社5年目、ただの社員。

わたしはこのままでいいのか??

店舗で働くの、今じゃなくてもよくない??

店長になりたいとか昇格したいとかそういう気持ちは入った頃から全然なくて、これがスキル皆無にも繋がるんだろうけど、ただお給料を貰うために働いてるだけだった。

同期で店長やってる人もいると思う。同期との繋がりもほぼないから誰が辞めずに働いてるのかも知らない。仲良かった同期は早々に辞めた。

わたしと同じ立ち位置の先輩社員がたくさんいた。年功序列じゃないしわたしが頑張ってタイミングが合えば昇格のチャンスもあったかもしれない。けどこのままだったら今の立ち位置のまま10年目とかになってしまうかもしれない。実際ここ2年ほどは新しく教わることもあまり無く、毎日同じことの繰り返しで面白くなかった。やりたいことを仕事にしてる友達、仕事を頑張ってキラキラしてる友達。わたしはこれでいいのか??よくない!!!!

 

 

これが主な退職の理由。

もちろんこんなの会社に伝えてないけど。

とにかく将来への不安と、現状維持に飽きてしまったことと、そこに加えて身の回りで退職する人が多かったから流れに乗った(言い方)

流れに乗る気なんかなかったしわたしはわたし、と思ってたけど、このまま先延ばしにしたらきっと辞められなくなるし、挑戦もできなくなると思ったので。

 

実際なかなかやめると言い出せず、湾岸のMr.KINGの公演で大好きな「Fighting Man」を聞けたら言う!と決めてました(どこまでもオタク)

 

何もしなきゃ始まんない 自分に負けんな

http://j-lyric.net/artist/a000eb2/l0231e8.html

この歌詞がめちゃくちゃすき。というかFighting Manの歌詞全部だいすき。

 

退職の半年前に伝えて、何回も引き止めにあったけど、引き止めてもらえるのはありがたいことだと思った。お断りしたけど。

退職を告げたらパートたちには凄く驚かれたし、「辞めやんといて〜」とも言われた。

最終出勤日、たくさんの餞別をいただいた。

こんなにもらっていいのかな?ってくらいにいただいた。帰る時両手にいっぱいだった(笑)

「やめたらこの店どうなるん!!」って言われたけどそのとき「アッ、もしかしてなくてはならない存在になるって目標、達成したのでは??」と思った。ただ、悲しいけど1人くらいいなくなっても店がまわらなくなる、なんてことはない。実際今は普通に店まわってます(笑)

いつか何かあった時に「こんなとき〇〇さんがいたら、」と思い出してもらえたら嬉しいな。なくてはならない存在かどうかはわからないけど、記憶に爪痕残した自信はある。

 

わたし、5年2ヶ月お疲れ様でした。

 

シンデレラガール

自担のデビュー日が発表されました。

わかりやすい番協募集、弾かれるアラサー(安定)、公式より早いTwitter、イベント直後に公開される写真←new!

 

2018.05.23

King&Prince デビューシングル

シンデレラガール

 

1月のデビュー発表から何もなさすぎて春っていつ??まだ??6月ってもう夏かな??とか考えてて、5月末って言われて「まあ春だな」って納得してしまうちょろいおたくです。

同時に発表されたショップ(?)もシングル発売1週間前にオープンということで、デビュー1週間前から世間を賑わせるんですね、楽しみです。ショップが原宿ってだけで「若者の街こわい、、」ってすでにびびってます。

デビュー日とデビュー曲の発表、ショップのお知らせに加えて、新しい衣装の公開。

平野→赤、って見て「?????」

永瀬→黒、って見て「?????????????」

だった。赤????青からの赤????おたくだから「団扇の色変えなきゃ」「小物がほぼほぼ青なんだがどうする??」しか浮かばなかった。と同時に厨二病こじらせたままなので「黒かっけぇ〜!!!!」だった。漆黒はずるい。

メンカラ問題が先に出すぎたけど、衣装の写真見て私の心がざわつきました。めちゃくちゃアイドル、、王様と王子様、、色関係なく顔がいい衣装がいい最高。色変わっても顔変わらんし顔がよければ全て良しなおたく。

6人並んだ写真見て「グループなんだなあ」と。デビュー発表後に少年収も入って6人のステージも見たけど、新しい衣装着て新しい歌歌って、ってしてる6人を見たらほんとに6人組なんだデビューするんだKing&Princeなんだって思いました。

イベント直後に公開される写真のありがたみ。

だって今までのままだったら翌朝のWSまで見れないわけで。それが普通だったあの頃は一体何だったんだ、、公開されることが本当にありがたいなって思いました。

発表されたデビュー曲、シンデレラガールはまだ部分部分でしか聞けてないから、早く音楽番組で聞きたいな。と思ってたらCDTV出演決定。TBS。これはもうフラグと思っていいですよね??とりあえずシンデレラガールを歌って踊るKing&Princeを早く見たいです。シンデレラガール、、めっちゃアイドル、、(2回目)

てっきりA・RA・SHIとかSexy Zoneとかみたいなグループ名でくるのかと思ったらごりごりにキラキラ爽やかアイドルな曲だった。シンデレラガール 、、!

 

2018年、楽しいことしかない!

デビューが待ち遠しいです。

自担のデビューが決まりました。

2018年1月17日

自担のデビューが発表されました。

 

いろんな人のいろんな気持ちをネット上でたくさん見たけど、いろんな気持ちがあって当たり前なのはわかってる。どんな気持ちも正解だと思う。

だから平野担のわたしの今の気持ちも残しておきます。

 

 

まず2018年1月16日。(すごくどうでもいい話)

Johnny's Happy New Year Island昼公演

カメラがたくさん入ってて、映像化されるのかなわくわく!!!みたいな気持ちで、いつも通り見てて。2幕のコントのところはローテ予想の通りPrinceだと思って入ったんだけど、出てきたのは黄色いかいちゃんで。あの空気感忘れない。だれもがPrinceだと思ってたよね。わたしは曜日合わせとかで入ったわけじゃなくてこの日!って決めて入ってたからコントはどっちでもよかったの。どうせ見るならMr.KINGがいいけど、片方だけ見てどうこう言いたくないからどっちも見たい。なのにローテ崩してMr.KING出てきて「もしかしてわたし2018年のラッキーガールなのでは?」とか思ったりもした(馬鹿)

平野くんの「駄菓子屋さん」のイントネーションが可愛くて可愛くて。とにかく平野くんが可愛くて可愛くて(語彙力)

夜公演もこのまま入っちゃおうか!って思ったけど、夜公演に入るPrince担の友達に「夜は絶対Princeだよ!!!大丈夫!!!」って言いながら、自分にも言い聞かせながらわたしは田舎へ帰る。

祭りか何か春の催しの発表会見とかそんな感じじゃない?って感じで申し込んでた翌日の番協の当選メールももちろん来ない。アラサーに厳しい。

 

そして、2018年1月17日。

朝からiPhoneを買いに行く(めちゃくちゃどうでもいい。ちなみにiPhoneケースは安定に水色を選んだ。)

昼過ぎに手続きが済んで、Jr.情報局のまだ払ってなかった分の会費を払いに行く(このときはまだ番協は春の催しの発表だと思ってる)

 

番協メールには番協14時頃まで、って書いてあったから14時すぎたら何かしらお知らせのメールが来ると思って、わくわくしながらiPhone復元して。

メールよりオタクのTwitterのほうが情報早いよね、って思ってTwitter開いたら

 

 

「King&Prince CDデビュー」

 

 

え????ちょっと待って、え??????

デビュー?????え??????は?????

頭が追いつかなくて、とりあえずわけもわからずおめでとうってツイートして(ツイ廃)、それでも全然落ち着けなくて。

 

友達から来たLINE「やばい」

友達に送ったLINE「やばい」

ここで完全に語彙力を失う。

 

そこにジャニヲタの母、帰宅。

わたし「デビュー決まった」

母「え、何泣いてんの!!!どっか痛いん!!!!なんかあったん!!!」

ここで自分が泣いてることに気付く(感情の崩壊)

 

と、ここまでは何のことも考えずに素直におめでとうと言えてました。

 

Twitter開くと「またキンプリ」「3人が良かった」「また平野」みたいなツイートが次から次へと流れ込んできて。もしかしてこれ「おめでとう」とか呑気に言える感じじゃないな?って。

消えたMr.にもvsにも寂しさはあったし、Mr.KINGではデビューできなかったんだっていう気持ちももちろんあったけど。

でもデビューには変わりない。Mr.じゃなくなっても、平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人でいられることが嬉しかった。わたしは2015からのキンプリ出だから、またキンプリ6人の姿を見れるんだって、それも嬉しかった。勝つんだWINも、サマーステーションも、BTNも、MIXTUREも、もうお蔵入りかもしれないけど可能性はゼロじゃなくなった。ばらばらだったらもう聴けないから。2016に見たMr.KINGのサマーステーションとBTNには正直寂しさも感じたから。このままもう6人ver.は見れないのかなって思ったから。

 

でも「Mr.KING」が好きな人、「Prince」が好きな人、「なにきん」が好きな人、それぞれ思うことがあるのもわかってる。わたしは関西時代をあまり知らないから何も言えないけど、もしその時代から応援してたら素直に喜べなかったのかもしれない。

 

けどわたしはジャニーさんが決めたことなら!もうその波に乗っていくしかない!って思った。

そこからの

 

「主犯は僕」

 

何で主犯っていう言葉を使ったのか。まるで悪者。

平野くんは自分のことを「まだまだ」とか「成長してない」とか言うし、そんなに低評価しなくても・・・って思うこともある。

きっと、デビューすることでいろんな意見やいろんな気持ちがあるってちゃんとわかった上での「主犯」発言だったのかなって。

だってわざわざ言う必要ないことだから。

直談判も、自分が主犯だったことも、今は言う必要ないと思うから。

何年も先に「実はあの時僕が主犯で」って思い出話として明かすこともできたのに、敢えて今、デビューが決まったときに言った。

どこからどこまで大人の力が働いてるのかは大人のわたしにもわからないけど、もしこれが平野くんがちゃんと自分で選んだ上での発言だとしたら、ちょっと苦しすぎる。

これが優しさなのかなんなのかわからないけど、自分に責任がある、みたいな。

自ら重いものを背負いにいってる。

そこまで背負わなくていいよ。

座長のときも、映画主演の時も、座長じゃなくても出番が多かったときも、本人までは届いてるかはわからないけど「また平野」「推され」って言われて、プレッシャーを感じないわけがない。

なのに自ら「また平野」って言われにいってる。

わたしだってこんな気持ちにならずに「おめでとう」って言いたかったし、自担のデビューが決まったただのハッピー野郎でいたかった。

何故そこまで自分を追い込んでしまうのか。

けど、そんなとこが平野くんらしいなとも思えて。

 

わたしはこれからも平野くんをMr.KINGをKing&Princeを応援したい。

だって、間違いなく世界は広がる。

まずCDが出る。そのうちアルバムも出る。

オリジナル曲が増える。ソロ曲も増える。

先輩の曲を歌う機会は減ってしまう。

CDやアルバムが出ると、音楽番組に出れる。

バラエティー番組にも出れるかもしれない。

アルバム引っさげたツアーもあるかもしれない。

団扇を持てる。

1人ずつの公式団扇が販売される。

ツアーで地方を回れる。

2015年夏から今まで、東京横浜博多大阪しか行けてない。

クリエ、祭り、六本木、帝劇の流れがなくなってしまうのは寂しいけど。

ツアーグッズも出る。

 

デビュー組のCDとかアルバムを聞く度に「Mr.KINGのCD出てほしいな」って思ってたから、形は違えどCDが出るっていうことが素直に嬉しい。

ジャケ写とか絶対にかっこいい。見なくてもわかる。

これからもっともっとたくさんの人の目に「平野紫耀」「Mr.KING」「King&Prince」が映ることになるんだろうけど、それはすごく幸せなことだし誇らしいこと。

現にジャニヲタじゃない友達から「平野くんおめでとう」って言われたりして、ジャニヲタ以外の世界も少し回ったんだと実感した。

けど職場ではそれほど話題にはなってなくて、なんだ思ってたほど世界回ってないやとも思った。

これからきっと、たくさん世界回していくんだろうな。

まだデビューしてないけど、「平野紫耀を知れてよかった、好きになれてよかった、平野担でよかった」ってこれまで何回も何回も思ってる。きっとデビューしてからも、そう思えると信じてる。

平野くんが3人じゃなくて6人を選んだこと、直談判したこと、絶対に後悔してほしくないし、これからも胸張ってアイドルをしててほしい。

何年後も、何十年後もずっと、応援させてほしい。

いつまでもわたしの夢であってほしい。

 

 

だから、

平野くん、デビュー決定おめでとう。

King&Prince、デビュー決定おめでとう。

たくさんの人に愛されるアイドルになってね。

 

2018.01.24