読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずビールで。

お題「居酒屋で頼むもの」

 

居酒屋でまず頼むもの、ビール。

メニューを見るのがめんどくさくて、とりあえずビールで、って言ってしまう。

女子っぽさ(笑)を求めてカシオレとかカシスソーダとかを頼んでた頃ももちろんありました。

けどメニュー見るの面倒じゃない??とりあえず飲みたくない???ビール頼んでおけば間違いなくない???

もちろんハイボールとかジントニックとかも飲むけど、まずはビールじゃない??

そんなわたしも20歳になりたての頃はビールを美味しいと思えなくて、ハイボールばっかり飲んでました。なぜいきなりハイボールに走ったのかはわからん(笑)

けど、好きなバンドマンがビール大好きで、真似して飲み始めたのがきっかけでそこからはもうビールしか!な人生。

学生時代はなんかいろいろと無敵だったから、いろんな人と飲みに行ってたなあ...、社会人になって飲みに行く人の輪も狭くなって美味しくお酒を飲めなくて、ひとりで家で飲むことも増えて。

寂しいなあ(^-^)

 

うん、このお題の「頼むもの」って多分飲み物の話ではないと思うwwwわかってますwww唐揚げとか、だし巻き玉子とか、そういうおつまみの話やんなwww

ナスの浅漬け一択です(^-^)

昔は唐揚げ一択やったけどもう重い、揚げ物は本当に重い。あっさりしたもの最高!ってなる。歳とったなあ...つらいなあ...over20タグで5歳以上年下の子が入ってくるもんなあ...つらいなあ!!

 

それはさておき、「とりあえずビール」な女子がわたしはすきです。なんか、安心する♡同じ匂いがする...!って思う(しないから🙌)

どれだけ世の中が女子力を求めても(まあ女子力って言葉がざっくりしすぎてて全然わからないけど、そもそも女子とか言える歳じゃない自重しろ)、「とりあえずビールで」の人を続けると思います。とりあえずビールで乾杯したい!

できなかったヲタ卒

今週のお題「卒業」

 

わたしは物心ついた頃から親にジャニーズを見せられ、ジャニーズとともに育ってきた。

小学生の頃は山下智久くんが好きだった。一番最初の「担当」だったと思う。親に連れられてJr.コンに行ったり(親子席だったのでだいたいスタンドのそこそこいい席)、少クラを楽しみにしていたり。

NEWSがデビューして、握手会にも行った。大好きだった山ピーのブースを当てることが出来ず、山ピーとは握手できなかった。悲しかった。

けど、その時握手したメンバーに簡単に転がり落ちてその後担当になった。(今思えばすごくちょろいオタク)

当時は副担制度(笑)があった上に、そこまでがっつりではなかったので掛け持ちというか事務所担的なところもあって、まあ俗に言うDDだった。

関西住みということもあって、軽率に松竹座に通った末、関ジュ担に降りた。ファンサで軽率に降りた。(今思えばすごくちょろい(2回目))

その後も松竹座に通ったものの、若手俳優(仮面ライダーとか戦隊モノとか)にハマってそっちに転がり落ちて、両立(できてないけど)して、女の子アイドルにもハマった。

とにかく好きなものが多かった。今思えばどうやって趣味を回してたんだろうか。現場主義じゃなかったからできたんだろうなあ...

 

その後何故か、バンドにハマった。

その頃は大学生でそれはそれはまあのめり込んだ。サークルにも入らず授業が終わればバイトかライブ。もしくは遠征。何に取り憑かれてたのか、必死だった。

 

距離が近かった。(決して近いわけではないのだけれど)

そして現場主義になった。(完全に狂った)

そうなるともうジャンル掛け持ちなんかしてられなくて、バンド一筋で行くしかなかった。自然とコンサートには行かなくなった。担当も退所したから余計に行かなくなった。

 

そのまま、ジャニーズ?なにそれ?おいしいの?くらい興味がなくなってしまった。

嫌いになったわけでは無いし、自然に「ヲタ卒」できてたと思う。

もう戻ることもないと思ってた。

 

社会人になってからもゆるくバンドに通い続けた。

が、飽きた。(まさかの)

飽きたというか、解散だの新しいバンドだの、ついていけなくなった。他にも理由はあったけど。

とにかく、冷めてしまった。

 

追いかけるものがなくなって、働く意味も楽しみも生きる希望も無くなって、消えたいと思い始めた。物事ついた時から何かを追っかけてたから。

追いかける生き方しか知らないから、何か追いかけるものがないと頑張れなくて。だめだなあって思って、負のループだった。

そんなとき親が見てた少クラをたまたま一緒に見た。

「ジャニーズなあ、もうJr.は年下ばっかりだよなあ、無いよなあ...」

知らない間に(いや、知ってはいたけど)セクゾもえびもWESTもデビューしてた。

知らないJr.もめっちゃ増えてた。しかも年下すぎてみんな顔一緒に見える。名前がややこしい。読めない。

 

本当に、ジャニヲタに戻ることなんてないと思ってた。しかも社会人になってから。

ヲタ卒したし。何年もブランクがあるし。

 

 

 

気付いたらめっちゃ少クラ見てた。

 

 

わたしの中で、何かが始まった気がした。

親がジャニヲタでよかった。わたしが見てこなかった何年もの少クラをはじめとする歌番組、ある程度のデビュー組の音源は家に揃ってた。空白の何年かを取り戻すことは出来ないけど、知ることは出来た。

 

今の「担当」は、この子に決めた!とかではなく自然と転がり落ちてた。

(やっぱりちょろいオタクなんだなあ)

 

転がり落ちて1年半。

沼です。幸せな沼です。楽しい沼です。

溺れてます。

追いかける人生ってわたしにとってやっぱり楽しい。

それが現実味のある男の人なら良かったのにと、何度も思ったし、思ってる(^-^)

さすがにいい歳なので。

あ、リアコではないです。ご安心を(?)

 

もう昔みたいに「ヲタ卒した〜い!」とは言いません。だって楽しいもん。もしヲタ卒したとしても、ジャンル変えて追っかけはするんだろうし、またジャニヲタに戻ってくるんだろうなとも思える。

 

 

できなかったヲタ卒。

そして、今後もヲタ卒は、できない。